肌のシミを消す薬

出来てしまったシミも、その状態によっては医薬品を取り入れることで、効率良く美白に取り組めます。
まずはハイドロキノンです。

 

こちらはシミの原因であるメラノサイトに直接働きかけ、できてしまったシミを薄くしたり消すことが可能な薬です。使用方法は気になる部分に塗るだけです。
ただ、治療中は紫外線などの外的刺激に弱くなるので、外出の際だけでなく、室内で過ごす際にも必ず日焼け止めを塗る必要があります。

 

またトレチノイン酸もおすすめです。
こちらは肌のターンオーバーを活性化させる効果があります。できてしまったシミは外部へ排出しなければなりません。
トレチノイン酸は強力にターンオーバーを進める作用があるので、できてしまったシミを排出できます。

 

美容皮膚科などでは上記の2つの薬を併用することが多いようです。つまり、トレチノイン酸でターンオーバーを促進させつつ、ハイドロキノンで色素沈着を防ぐというダブルの効果を期待するようです。

 

使い方は、まず気になる部分にピンポイントでトレチノイン酸を塗り、それが乾いたら一回り大きめにハイドロキノンを塗るという方法です。
ただ、体質によっては色素沈着がひどくなったり、白斑が残ったりすることもあるので、使用の際は注意が必要です。

 

シミの予防とできてしまったシミを消す医薬品として今一番人気があるのはロスミンローヤルです。
日本で唯一のシミに効果がある医薬品として話題となっている商品です。
効果が高いのにも関わらず価格もサプリメントと同じくらいの価格で愛用できるのでおすすめです。