皮膚科でシミを消すには?

出てきてしまったシミは、化粧品やサプリメントで消すのに時間がかかってしまい、断念してしまう人も多いです。
また、必ず消すことができるかと言われると個人差がある点、そして美白化粧品と呼ばれるコスメの基本は紫外線によるメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことが基本となっています。

 

出来てしまったシミを一定の効果が期待できることを基本として考えた場合には皮膚科や美容クリニックといった専門の医療機関に行くことがシミを消すという点では期待が持てます。

 

美容外科などの皮膚科に行くとレーザーでシミの治療を受けることができます。
レーザーと聞くと、少し怖い気分もありますがこの方法をしてもらうと短時間でシミをなくすことができます。
治療法は、気になるシミの部分にレーザーをあて、キズをつけて焼くようにして治療します。

 

針で刺すような痛みがありますが、肌の表面だけを治療し、小さいバンドエイドを貼って生活、1週間程度経過するとキズにできていたかさぶたが自然とはがれます。
すると、シミもかさぶたと一緒になくなっているというわけです。
大きなシミだと1度の施術では完治できない場合もあるので、様子を見ながら施術を行っていく必要がありますが、小さいものがたくさんある場合は一気に施術をして1週間程度経過すればかさぶたがはがれるとシミが消えた、薄くなったという方が多いです。

 

シミを消す効果のある 皮膚科の薬

最近は美容ケアを受けに、エステサロンではなく美容外科クリニックや美容皮膚科を訪れる女性が増えており街中でもそういったクリニックの情報を目にすることが多くなってきました。
やはり医療機関なのでレベルの高い治療が受けられるため、すぐに綺麗になりたいという願望を持つ女性にとっては満足度も高まるのでしょう。

 

最近の美容外科では、施術にしても患者さんにとってリスクの少ない手軽なケアが多いので以前ほど抵抗感を感じることなく利用できるようになっているようです。
皮膚科でも治療目的としてあげられることの多いシミも塗り薬などで治療される方も多く、医療機関ゆえしっかりと効果の出る高濃度のシミを消すクリームなどを処方してもらえるので、定期的に購入に訪れている人も少なくはないようです。

 

やはりこういった施設は、お肌のことを広く深く知り尽くした専門医がその人それぞれのお肌をしっかりと診察してくれるので、最適な治療を受けることができるのが強みです。
特にアトピー肌や敏感肌など、お肌が弱いと自負されているような女性であればなおさら、自己判断で市販の商品を使ってしまうよりも、医師の判断で自分にあうものを処方してもらうほうが安心なのではないでしょうか。